中心市街地整備推進機構としての取組

堺市住宅供給公社は、平成25年3月に堺市長から中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的な推進に関する法律(平成10年制定)に基づく「中心市街地整備推進機構」に指定されました。

中心市街地整備推進機構の業務内容は、

  • 中心市街地の整備改善に関する事業者への情報提供
  • 建築物等を基本計画の内容に即して整備する事業の実施または参加
  • 整備改善を図るために有効利用できる土地の取得及び調査研究の実施

などとなっています。

堺市中心市街地活性化協議会事務局

中心市街地整備推進機構であった(財)堺市都市整備公社は、堺市の中心市街地の活性化推進の取り組みに協調するとともに、地域関係者との協働による中心市街地の取り組みとして、改正中心市街地活性化法にもとづく「堺市中心市街地活性化協議会」を堺商工会議所と共同で設置し、同協議会の事務局を担ってまいりました。
平成25年3月末をもって(財)堺市都市整備公社が解散しましたが、引き続き堺市住宅供給公社が堺市中心市街地活性化協議会の事務局を担っています。

博愛ビルの取得と活用状況

堺市都市整備公社は、中心市街地整備推進機構の指定を受けて、平成16年6月に堺東中瓦町2丁地区市街地再開発事業予定区域内にあった「博愛ビル」を取得しましたが、平成23年堺東中瓦町2丁地区市街地再開発事業は廃止になりました。
今後、中心市街地活性化に寄与するため同ビルの有効活用を検討していきます。

博愛ビル

所在地

堺市堺区中瓦町2丁3番24号

敷地面積

約370平方メートル

建物の構造

鉄筋コンクリート造 地上5階建

建物の面積

  • 建築面積 約360平方メートル
  • 延床面積 約1,628平方メートル

堺市中心市街地活性化協議会についてはこちらへ

堺東のまちづくりについて
中心市街地整備推進機構
堺市中心市街地活性化協議会
ページの先頭へ