配慮入居について

ニュー・ペアシステム住宅の入居資格を満たさない方でも申込み可能です。

配慮入居とは?

3ヶ月以上空いているニュー・ペアシステム住宅の住戸について、5年を上回らない期間での定期賃貸借契約により、ニュー・ペアシステム住宅の入居資格要件を満たさない方でも下記の1〜10のいずれかの条件に該当する場合は入居が可能となります。
ただし、堺市からの家賃補助および、アシスト補助制度の適用を受けることは出来ません。

例えばこんな場合でも、配慮入居であればニュー・ペアシステム住宅にご入居できます。

  • ニュー・ペアシステム住宅の収入基準を超えてしまった。
  • 住まいのリフォームや建替えのため、近くに仮住居を探している。
  • 法人契約したい。など

配慮入居での申し込みについて、次に挙げるような要件に該当される方を対象としています。

     1.公的賃貸住宅等の整備に関する事業の実施に伴い、住宅の明け渡し請求等を受けた者

     2.災害、不良住宅の撤去その他特別の事情があり住宅を必要とする者

     3.住宅の改修又は建替えのために仮住居を必要とする者

     4.マンション等の改修又は建替えのために仮住居を必要とする者

     5.収入分位80%超の者で入居を希望するもの

     6.ニュー・ペアシステム住宅の入居者資格のうち、収入基準で所得月額601,000円を超える者

     7.法人契約により入居する者

     8.入居者と勤務する法人の連名により賃貸借契約を締結すること

     9.海外からの留学の目的で滞在している者

     10.入居しようとする者のいずれかが60歳以上であるもの

連帯保証人について

こちらが認める連帯保証人を立てて頂きます。
詳しくは「申込者の資格」の「7.連帯保証人として次号に掲げる条件をすべて備えた方を1名選定できる方。」をご覧ください。

申込みにおけるご注意

  • 5年を上回らない期間での定期建物賃貸借契約となります。
  • 堺市からの家賃補助及びアシスト補助制度の適用はありません。(契約家賃での契約となります。)
  • 自ら居住するために住宅を必要とする方であり、事務所や倉庫として使用することはできません。
  • お取り扱いできないマンションや住戸もありますので、詳しくはお問い合わせください。
ページの先頭へ