品川区

品川区は東京都23区にあり、東京都の南東部に位置するエリアです。江戸時代には東海道の品川宿が置かれていました。江戸の玄関口として発展した歴史があり、品川神社や荏原神社、蛇窪神社、居木神社など由緒ある神社や仏閣が点在しています。戸越銀座や武蔵小山などがある荏原地区は下町の風情が残るエリアで、活気のある商店街が人気です。緑豊かな林試の森公園などもあり、地元の人々の憩いの場として親しまれています。
また、東京湾に面した臨海部がある品川地区は、商業施設やオフィスビルが建ち並ぶエリアです。しながわ水族館や大井競馬場などのレジャースポットなどもあります。大崎や五反田、目黒などがある大崎地区も高層ビルが多い地域で、五反田駅の周辺にはベンチャー企業が多く進出していることから五反田バレーとも呼ばれています。目黒川が流れていて、川沿いに植えられた桜が春には美しい花を咲かせ、多くの観光客で賑わいます。高層ビルと自然が共存する地域です。大型商業施設などは、大井町駅周辺に集まっています。大型の病院、昭和大学病院も品川区内にあります。海辺もあり、バラエティーにとんだエリアです。
品川区は交通の便も良く、東急の大井町線、JR京浜東北線などが運行しており、東京の中心部に出かけるのに1時間も掛かりません。山の手を代表する自由が丘にも30分もあれば出かけることができます。
昭和の面影が残り、銭湯などがまだ営業しています。保育園、小学校、中学校、高校なども充実しています。